ここなら安心!佐賀県の太陽光発電設置会社ランキング

失敗しない太陽光発電業者の選び方in佐賀県

HOME » 佐賀の太陽光発電システム導入ガイド » 利用開始までの流れ

利用開始までの流れ

太陽光パネルの設置方法、ならびに問い合わせから利用開始までの一般的な流れを時系列に沿ってご紹介していきたいと思います。

太陽光パネルの設置方法や利用開始までの流れについて

【1】問い合わせ/調査依頼

まずは気になる施工業者に、問い合わせを行いましょう。電話やメールなどで、家の間取りや坪数、屋根の形状や材質、さらには現在の電気使用量などが質問されるはずです。
その際の対応が丁寧かどうか、迅速かどうかなどを判断した上で、現場調査を依頼しましょう。
なお、この時点で見積もり額や発電シミュレーションなどを出してくる業者は要注意です。

 【2】現地調査/見積もり提案

システムを設置する屋根の形状や面積、建物の方位、周辺機器の設置場所、さらには電気使用量などを確認して上で、お勧めシステムの提案ならびに見積もりが提示されます。
なお、その時点で即座に契約を迫ってくるような業者は、これまた論外です。
ご家族も交えてじっくりと検討した上で、プランと金額に納得できた時点で、契約に進むべきです。

【3】契約/補助金申請の代行依頼

晴れて契約を結んだら、施工業者に補助金申請の代行を依頼します。
工事のタイミングや自治体などによっては、設置工事の完了後に申請というケースもあります。
良心的な業者であれば、申請後に必要書類の提示とともに、金額や振込時期などを説明してくれます。
補助金は申請から4ヶ月ないし半年程度で指定の口座に振り込まれます。

【4】設置工事

天候や建物の規模・形状にもよりますが、太陽光発電システムの設置は、概ね1日から2日程度で完了します。
なお、工事の際は電気工事も行われるため、1時間程度停電するのが普通です。
事前にどのタイミングで停電するのか確認しておきましょう。 

コラム・屋根の種類と設置方法の違い

太陽光発電システムの設置方法にはいくつか種類があり、屋根材や屋根の形状、さらにはシステムのメーカーによっても施工方法は異なってきます。
例えば、いわゆるモダンスタイルの現代住宅で多く採用されているストレート屋根の場合、板金金具という部品を直接屋根に打ち込み、防水処理をした上で架台を設置し、ソーラーパネルを取り付けていくのが一般的です。

一方、平板瓦の場合は一旦瓦を取り外し、垂木に補強板を取り付けた上で強度をアップさせた上で支持金具を取り付け、防水シートなども貼り付け、瓦を元に戻し、架台を設置というやり方になります。

いずれにしても、技術を伴っている業者であれば、雨漏りなどが起こる可能性は限りなくゼロに近いと言えます。

【5】機器類のチェック/運転開始

ソーラーパネルを設置し、機器類を接続し作動状態をチェックすれば、設置工事は完了です。
電力会社に電力会社への手続を行い、電力会社の系統と接続(系統連系と呼ばれます)されれば、太陽光発電システムの運転開始となります。 

 
ここなら安心!佐賀県の太陽光発電設置会社ランキング